忍者ブログ
夏休みは全て、夢の中だったというのか……
 325 |  323 |  321 |  320 |  319 |  318 |  316 |  314 |  313 |  312 |  308 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

zero_ichi.jpg















ゼロ?見当外れだったら悪いんだけど……


あ?なんだ?


か、顔から血が流れてるよ。


見当外れだ。





 本格的にゼロ達の出てくる小説を書こうと思う。なんとなくあらすじ。


 ほぼ何でも屋の「退治屋ゼロ」を営む、17歳の青年

あ、そういや「少年」と「青年」の差がどこからか、ってウザいほど友人に聞いたことあったな…って話反れた。

 17歳の青年ゼロは、いつものように依頼を受けていた。すると、とある若い女性の依頼で「最近山賊がやってきては物や農作物を盗んだり、近所を荒らしていきます。山賊を追い払ってください」との依頼があった。
 そんな依頼は日常茶飯事なので、軽い気持ちで依頼に臨んだのだが、思いのほか人数が多く、苦戦し、なんやかんやで倒しましたおわり。

あいすません。

 その山賊の中に一人、異質な能力を持っていることから仲間に避けられている者がいた。ゼロは一人でいることに気付き近づく。

 「お前もどうせボクを偏見の目で見ているんだろう?来るな。ボクはボク以外の生き物が嫌いだ。ボクに関わるな」

 そんな言葉を突然かけられたゼロだが、退く気配もせず近づく。

 「お前、名前はなんていうんだ?」
 「く、来るな!どっか行け!ボクに名前なんてない!」
 「お前名前が無いのか?」
 「名前なんてない!ボクを呼ぶ奴なんていないんだから!帰れ!」

 あまりの拒絶っぷりに流石にゼロも口を閉じ……たかに思えたが

 「よーし!今日からお前の名前はイチだ!」
 「!?」

 「オレがゼロでお前がイチ。文句はないだろ?」
 「も、文句って……!おまっ!!」

 そのままイチをひきずって行くゼロでしt


って途中からあらすじじゃねーじゃねぇか!!!もう小説開始してんじゃねーか!!!
で、でも本編はゼロ視点なのでこの文とは若干違うと思います^^;
まあどういうことかと言えば、

>>あまりの拒絶っぷりに流石にゼロも口を閉じ……たかに思えたが
→あまりの拒絶に流石のオレも口を閉ざせざるをえなくなり、

みたいなことですYO

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
あらすじwktk!
イチ…イチかわいいよお

バトンいただいていきまっ
でも五日まってからやる^^
ボイチャしたい!どうやるのか良くわかんない!
でもやる!
五日まつ!

絵うまくないよ><
難波 七 URL 2008/12/31(Wed)19:13:59 編集
wktk!
あらすじじゃないよこんなんもうwwwwwwwww
イチ…あ、今丁度テレビで「位置」って言ったぞ^q^
5日待つんかwwwwwwww
絵上手いよ!絵上手いよ!
黒須なすび   2008/12/31 20:10
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
だいありー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にゅーとらっくばっく
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©  れじぇんど おぶ わさび  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]