忍者ブログ
夏休みは全て、夢の中だったというのか……
 83 |  80 |  78 |  61 |  60 |  59 |  53 |  52 |  51 |  50 |  49 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 やあ。なんと私のオリジナルが簡単なゲームになるらしいぞ。まあ、簡単ってか試作品みたいな感じみたいな。私が作るのではないですけどね。てゆうか私が作れるハズがない\(^o^)/
 つうことで、いちお小説っぽくしたのうpしますねかーさんwwwwwwwwww


 私は青山かのん。黄泉国中学校の一年生です。
 ちなみに今日から新学期!転校生とか来るかなあ?楽しみだなぁ!私はあくまでポジティブだよ!夏休み終わったとか気にしない!(泣
 そんな破滅的な何かより楽しみなのは、やっぱり友達と会えることだな。なんだかんだ言って、バケーションって友達に会えないから寂しいんだよね。みんなどうしてるかな・・・補導とかされてなきゃいいけど!
「かのん~!」
 あ、この声は・・・!
「おはよー!」
「おはよ和実ちゃ・・・ん・・・」
「ふー。何故か今日暑かった」
「そりゃあそんなロバの気ぐるみ着てれば・・・」
「服・・・?あ!パジャマで来ちゃった!!バケーションぼけだねぇ」
「・・・。」
 彼女は保田和実。いつも元気で、ムードメーカー&ハプニングの元だったりする、おっとこといな子だ。

 にしてもどこをツっこもう\(^o^)/

 そんなツっこみどころを考えるまでも無く学校に到着。おまーさん、服どうする気だ^q^

 ガララララ

 久しぶりの教室の扉を開けると、見慣れた顔の人物が走ってきた。
「衝撃!!!」
 走ってきたのは中里友梨亜。ウワサが大好きな私の友達だ。
「大変だ!大変だかのちゃん!たたた大変だぁ!」
「うっさ。何?」
「へっ。誰がいうか」
「言えよ!!!」
 ウワサが大好きで・・・そして腹黒いのだ。

 そんな新学期早々、性悪爆裂パンチを喰らってボロボロな身体を引きずりながら、ぐったりと自分の席に行こうとすると、霊が見えるという淡白な性格の私の友達、三宅凛がいた。
「凛ちゃ・・・おは・・・」
「消えちゃえ」
「!?」
 え?え??凛ちゃん今なんて言った!?確か消えちゃえ・・・って・・・
「オイ。後ろ」
「え゛っ!?」
 私はバッと後ろをむいた・・・しかし・・・何もない。
「はらっとけよ」
「え?うん。・・・・・・・・・。は!?何を!?えっ霊がいたの今!!?」
「・・・」
 凛ちゃんは無言で去ってしまった。
「や、やめてよ・・・」




 はいこんな感じです。むはーやはーのはー

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
だいありー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
にゅーとらっくばっく
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©  れじぇんど おぶ わさび  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]